櫻井 直樹

櫻井 直樹先生

櫻井 直樹先生の最新記事一覧

歯ごたえは歯で感じていない!?歯根膜の大切な役割
15 ビュー

歯ごたえは歯で感じていない!?歯根膜の大切な役割

歯ごたえを感じているのは歯ではありません。「歯根膜(しこんまく)」という歯とあごの骨をつなぐ組織で感じ取っています。この歯根膜の厚さは、なんとたったの0.3mmほどしかありませんが、とても大切な役割を担っています。それが「クッション」と「センサー」の役割です。歯根膜は歯が抜けると一緒にとれてしまいます。歯根膜を失わないためには、まずは自分自身の歯を守る必要があります。
口臭予防は唾液が大切!口臭と口渇の関係
67 ビュー

口臭予防は唾液が大切!口臭と口渇の関係

「口臭が気になる人」「口の渇き」の統計から、口臭と口渇には深い関係性がみられます。
ガムにはうつ病を和らげる力がある?
99 ビュー

ガムにはうつ病を和らげる力がある?

運転していて眠くなったらガムを噛むと目が覚める。よく言われていることですね。ガムを噛むことで集中力が高まったり仕事のストレスが減るのは、脳への血流量が上がるからです。 これは頚動脈が噛む時に使う筋肉でポンピングされることにより血流が上がり前…
咀嚼と脳?
136 ビュー

咀嚼と脳?

咀嚼とは食べ物を食べる時の顎の運動を言います。 咀嚼運動による刺激は脳血流を増加させ、感覚運動野、補足運動野、視床、小脳、そして島や右側前頭前野までがfNIRS(近赤外分光法)で活性化されていることを確認しています。 この活性化により咀嚼運…
成功したければ噛み合わせを治せ?
317 ビュー

成功したければ噛み合わせを治せ?

前頭連合野の力が高いほど社会的な成功をおさめる可能性が上がるのだそうです。前頭連合野への血流を上げるために最も有効なことは「噛む」ことなのです。これは咀嚼に関係する脳領域が前頭連合野のスグ後ろにあり前頭連合野と強い神経連絡を持っているからだそうで、ガムを噛んでいると集中力ややる気、注意力が上がるのもこのためだということがわかります。「噛み合わせを治す」「歯並びを育てること」も英才教育の一つとなる日が訪れるかもしれません。
顎関節症で困っていませんか?
306 ビュー

顎関節症で困っていませんか?

顎関節症とは、女性に多く、顎を動かすと顎関節が痛んだり、雑音がしたり、顎関節周囲の筋肉や靱帯の圧痛など、顎の運動異常を主症状する病気です。 重症になると開口障害や咀嚼障害をひきおこし、首や肩がこったり、腕がしびれたり頭痛、自律神経失調症など…
歯のマニュキア(ホワイトコート)
488 ビュー

歯のマニュキア(ホワイトコート)

ホワイトニングとは、プラスチックやセラミックといった人工的な材料で変色を被い隠すのではなく、あなた自身の歯を白くする治療法です。 ホワイトコートは、一時的でも良いので理想の白さを出したい方にお勧めです。だだ食事などで取れやすいので、本当に一…
白い被せ物(セラミック)による審美治療
741 ビュー

白い被せ物(セラミック)による審美治療

セラミックのさし歯(被せ物)を用いた審美・美容歯科治療には、人工歯の素材・作り方によって、大きく分けて3タイプに分類できます。