白い被せ物(セラミック)よる審美治療

セラミックのさし歯(被せ物)を用いた審美・美容歯科治療には、人工歯の素材・作り方によって、大きく分けて3タイプに分類できます。それぞれの特徴は、以下のとおりです。

オールセラミック

オールセラミックは、最も生体親和性が高く、耐食性にも優れていると言えます。オールセラミックを使用した治療の一番大きな特徴は、体にやさしいセラミックのみを使用しますので、金属にアレルギーのある患者さんにも安心してお使い頂けると言う事です。但し、非常に硬いという性質の反面、衝撃にはたいへん脆い特性を持っています。

メタルバッキングセラミック(メタルボンド)

金属とセラミックを張り合わせたさし歯の事を指します。一般的に製作されているセラミックのさし歯がこのタイプです。金属フレーム(土台)の上に、セラミックを焼結させた構造ですので、もっとも自然の歯に近い色や形、歯並びを再現できます。長期間お使いになられても、色が変わると言った変色の心配もありません。フレームに使用する金属には、金主体のものと、金とその他の金属との合金のものとがあります。金の含有量が多い金属を使用する程、体に対する異害作用は少なくなります。

ハイブリッドセラミッククラウン

金属のコーピングにハイブリッドレジンで歯の形を作ったクラウンで、天然歯の硬さに似ているため下の奥歯に向いています。

感想・質問はこちら

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です