入れ歯最新記事

だいたい何歳から入れ歯になりますか?
19 ビュー

だいたい何歳から入れ歯になりますか?

入れ歯になる歳を知るには、歯が失われる年齢を知る必要があります。歯の寿命は大臼歯で50年、小臼歯で60年、前歯が66年、犬歯が約70年です。 通常、奥歯から入れ歯になっていく人が多く、50歳過ぎた頃から、部分入れ歯を入れる人がでてきます。 …
入れ歯は食べ物を噛みにくいのですか?
57 ビュー

入れ歯は食べ物を噛みにくいのですか?

通常の入れ歯の場合、ご自分の歯に比べると、噛む力は30%程度となってしまいます。そのため、ご自分の歯が失われて、入れ歯に変わると、以前よりもどうしても咬みにくくなってしまいます。
今の入れ歯でご飯を美味しく食べられません
72 ビュー

今の入れ歯でご飯を美味しく食べられません

「入れ歯が合わない」「入れ歯があたって痛い」などの理由から、ご飯を美味しく食べられないと、ご相談頂くことも稀にあります。お口の中はとても繊細であり、特に新たに入れ歯を作り替えたばかりであれば、何度かの調整が必要となり、お口の中に馴染むまでに…
新しい入れ歯(義歯)が誕生しました
113 ビュー

新しい入れ歯(義歯)が誕生しました

独創的なアイデアと新技術によって生みだされた義歯(入れ歯)ミラクルデンチャー 入れ歯(義歯)を装着している感覚がほとんどありません。 自分の歯で噛んでいるような食感がよみがえります。 「入れ歯をすると味がわからない」という悩みからも解放され…
保険の入れ歯と自費の入れ歯の違いは何ですか?
139 ビュー

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違いは何ですか?

① 美味しく食事ができる 入れ歯の種類によって程度は異なりますが、自費の入れ歯の場合、『温度が伝わりやすい』『薄い』などの特長により、保険の入れ歯よりも、美味しく食事をすることが出来ます。 ② 痛くない 保険に比べると、どの自費の入れ歯も、…
入れ歯とブリッジのどちらが良いでしょうか?
138 ビュー

入れ歯とブリッジのどちらが良いでしょうか?

これは非常にお答えすることが難しく、あなたのお口の状態やご希望などによって選択が変わってきます。それぞれのメリット・デメリットを把握した上で選択する必要があります。 入れ歯とブリッジとの比較 入れ歯のメリット 多くの場合、歯を削る必要がない…
「上下顎同時印象法」超精密入歯
201 ビュー

「上下顎同時印象法」超精密入歯

総入れ歯の大家とされる先生でも、患者様のお口の中の型を取る時に、上アゴと下アゴを別々に行い、最後に上下を合わせているのが現状です。現在でもこの方法が主流ですが、この方法では、上下の入れ歯がうまく噛み合わないのです。 例えば、ホタテ貝やハマグ…
医療先進国ドイツで生まれた「テレスコープシステム」
241 ビュー

医療先進国ドイツで生まれた「テレスコープシステム」

医療先進国ドイツで生まれた高品質、生体安全性、長期安定性、快適性を追求した精密義歯治療です。クラスプ(支える歯にかける金属のバネ)を一切使用しないので、大切な方との会合の際に気づかれることはないでしょう。会社の会議や食事中に入れ歯が外れる、…
健康にとって歯はとても大切です
271 ビュー

健康にとって歯はとても大切です

食べ物を良く咬むことで、消化を助け、胃腸への負担を減らす 歯がぬけてしまうと、当然お食事をする時に、きちんと咬み砕けないので、消化が悪くなり、毎日の食事に苦労して、健康状態にも悪影響が出てきます。 入れ歯を入れることで、食べ物をおいしく咬み…