入れ歯とブリッジのどちらが良いでしょうか?

これは非常にお答えすることが難しく、あなたのお口の状態やご希望などによって選択が変わってきます。それぞれのメリット・デメリットを把握した上で選択する必要があります。

入れ歯とブリッジとの比較

入れ歯のメリット

多くの場合、歯を削る必要がない。
種類によっては、見た目が自然に仕上がる
支台となるご自身の歯への負担が少ない
多くの場合、ブリッジよりも安価である
ブリッジと違い、修理・修復がしやすいので、長く使える

入れ歯のデメリット

外れることがある
種類によっては、噛む力が固定されていない分、弱くなる
保険を選ぶと、痛かったり、食事が美味しくないなど多くの短所がある

ブリッジのメリット

固定できるので、外れない
自費診療の場合、非常に見た目が良い
多くの入れ歯よりもしっかり噛めるが強い

ブリッジのデメリット

見た目を気にする場合、自費診療となり非常に高額となる場合がある
支台となる歯が痛みやすく、支台が抜けた場合、再度作る必要がある
保険診療の場合には、見た目が悪く、むし歯にもなりやすい

治療を受ける際に、担当の先生と納得されるまで良く相談されて、決めるのが良いでしょう。

感想・質問はこちら

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です