研磨剤ありと研磨剤なしの歯磨き粉 どちらを使いますか?

研磨剤ありと研磨剤なしの歯磨き粉 どちらを使いますか?

ご存知ですか?市販されている歯磨き粉のほとんどは、研磨剤が使用されています。
研磨剤とは、何かを研いだり、磨いたりすることで、そのモノの表面を滑らかにキレイにしたりする効果がある成分のことです。
歯磨き粉の場合、歯の表面に付着した歯垢や着色汚れを落とし、表面をツルツルにする効果があります。

ちなみに歯磨き粉の成分表などには、「研磨剤」ではなく「清掃剤」などと記載されていることが多いようです。
研磨剤として使用されている成分は、「無水ケイ酸」や「重質炭酸カルシウム」、「リン酸水素カルシウム」、「リン酸水素ナトリウム」、「炭酸カルシウム」、「水酸化アルミニウム」などがあります。

研磨剤ありの歯磨き粉を使った方が良い人ってどんな人?

「汚れを落とす」ということは、歯の表面を研磨することなので、研磨剤ありの歯磨き粉は、歯の表面の着色汚れをよりスムーズに落とすことができます。

特に次のような方には、研磨剤ありの歯磨き粉をオススメします。

  • お茶やジュースなどをよく飲む人
  • たばこを吸う人
  • 歯を白く、ツルツルさせたい人

また、インプラントやセラミックなどを被せた歯でも、着色汚れなどは付きますので、このような方も、研磨剤ありの歯磨き粉を使用した方がきれいな歯を保つことができます。

代表的な着色汚れは「たばこのヤニ」です。
たばこのヤニ除去用の歯磨き粉も市販されていますが、それは通常の歯磨き粉よりも強力な研磨剤を使用しています。

それでも、すぐに着色汚れが付いてしまう人や、たばこのヤニがなかなか取れない人などで、より強力な研磨剤を含んだ歯磨き粉を使用したい方については、歯の状態によって変わりますので、一度、歯科医に相談することを推奨します。

研磨剤なしの歯磨き粉を使った方が良い人ってどんな人?

研磨剤がなしの歯磨き粉は主に、歯周病や知覚過敏の人向けに使われています。

歯周病や知覚過敏の方は、歯や歯茎の刺激に対する反応が強いため、研磨剤で磨くと痛みを感じることもあります。
そのため、研磨剤なしの歯磨き粉を使用することが多くなります。

その他にも、歯周病や知覚過敏でなくても研磨剤によって、歯や歯茎を刺激したくない人や、歯が生え始めたばかりの赤ちゃんにも使われることがあります。
実際、研磨剤が入っていない赤ちゃん用の歯磨き粉もあります。

しかし、研磨剤が入っていない分、着色汚れなどを落とす効果が弱くなってしまいます。

歯の磨き方が大切です

歯の状態によって研磨剤のありなしを選択することも大切ですが、歯の磨き方も大切です。
歯科医が勧める効果的な歯の磨き方を紹介します。

  • 歯磨き粉は歯ブラシの3分の1くらいにつける
  • 磨くときは力を入れすぎないように磨く

力を入れすぎると、歯ブラシの毛先で歯を傷つけてしまう可能性があります。
また泡立つほど歯磨き粉をつけなくても十分に効果があります。

特に研磨剤ありの歯磨き粉を使用している場合は、研磨剤自体が汚れを落とす効果を持っていますので、強く磨かなくても歯の汚れは十分に落とすことができます。

また、歯磨き粉を一切付けなくても、ブラッシングだけでも汚れを落とす効果があります。
特に歯磨き粉を使用しない理由がない方は一度試してみても良いかもしれません。
歯磨き粉を使用することでより効果が得られます。

研磨剤ありなしそれぞれに特性がありますので、ご自身の歯の状態を確認して歯磨き粉を選んでみてはいかがでしょうか。

感想・質問はこちら

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です