新型コロナウイルスと口腔ケア

新型コロナウイルスは細菌との混合感染や二次性細菌性肺炎によりSARSやMERS同様の急性呼吸器症候群のためサイトカインストーム(免疫の暴走)を引き起こし重症化することがわかってます。

実は、このサイトカインストームの引き金となっているひとつが深い歯周ポケットに生息してる空気の嫌いな歯周病菌です。この歯周病菌はLPSと呼ばれる内毒素を作り出しさまざまな細胞に刺激を与え炎症性サイトカインを産出します。

このようなことからわかるように歯周病の重症化、つまり進行のしやすいハイリスクの方たちではLPSに身体が敏感に反応し、多くの炎症性サイトカインの産生により重度の歯周病並びに新型コロナウイルスとの負の相乗効果にもなりかねないということが懸念されます。

歯周病で痛めつけられた歯周ポケット内の血管からLPS( リポ多糖体:内毒素)が侵入した際、血液中のLPS濃度がブラッシングをすることで改善したという研究結果があります。このことより、正しい口腔ケアが新型コロナウイルスによる重症化リスクの低減に役立ってると言えます。

また正しい口腔ケア、口腔清掃はウイルス感染の水際対策とも言われてます。是非こちらのサイトも参考にされてください。⇩



感想・質問はこちら

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です