超音波歯ブラシを使ったときの効果は?電動歯ブラシとの違い

超音波歯ブラシを使ってみたいけど、どんな効果があるのか分からない」そんな悩みを感じている方もいるのではないでしょうか?

また、電動歯ブラシなどとの違いが分からずどれを購入すれば良いのか……と悩んでしまう方もいるはず。

この記事では、超音波歯ブラシの効果を詳しく解説するので購入を悩んでいる方は参考にしてください。

超音波歯ブラシとは

振動数が160~200万Hzの電動歯ブラシを「超音波歯ブラシ」と呼びます。他の電動歯ブラシとの圧倒的な違いは「振動数」です。

振動数が多いことで、電動歯ブラシや音波歯ブラシでは難しかった歯垢の除去ができるようになります。

また、歯垢の元となる「不溶性グルカン」という汚れを破壊することもできるのが超音波歯ブラシの特徴です。

一概に振動数が多ければ良いというわけではありませんが、振動数が多いということはそれだけ歯の汚れを除去しやすい証と考えることもできるでしょう。

電動歯ブラシ・音波歯ブラシとの違いは

上述したように他の電動歯ブラシや音波歯ブラシとの違いは「振動数」です。

電動歯ブラシはモーターの働きによって歯の清掃効果を高めてくれる歯ブラシになっています。手動でやるよりは高い清掃効果が得られますが、やはり音波ブラシとの差は出てしまいます。

音波歯ブラシは「音波」という人間や動物に聴こえる波数の空中を伝播する弾性の波のことを表します。

そんな音波の振動によって歯を磨くことができる音波歯ブラシは、電動歯ブラシより高い効果の思考除去を望むことができるでしょう。

ただし、超音波を発生させる歯ブラシよりは振動数が減るため歯垢除去率は下がってしまいます。

超音波歯ブラシを使用すると得られる効果

モーターで働く電動歯ブラシ、音波を発生させて振動する音波歯ブラシとの違いを知ることができた今、気になるのは「超音波歯ブラシを使うとどんなメリットがあるの?」ということではないでしょうか。

振動数に違いがあることが分かっても、効果を知らないと使う気にはなれないですよね。

ずばり、超音波歯ブラシを使うことで得られる効果は「他の歯ブラシでは除去できない歯垢や歯の細菌の破壊ができること」です。

口内環境の改善はもちろん、虫歯や歯周病などの予防にも効果があります。

超音波歯ブラシを使用する際の注意点

超音波歯ブラシを使用することで、手動では取り切れない最近や歯垢の除去ができること、また虫歯などの予防に繋がることが分かりました。

効果を知ることで「使ってみたい」と感じる方もいるでしょう。

口内環境の改善ができる超音波歯ブラシは是非多くの方に使用をオススメしたいのですが、使う上での注意すべき点があります。

それが、「高い振動数だからといって歯磨きの時間を短縮してはいけない」ということです。

「他の歯ブラシより優れているのだから、歯磨きは短くても良いでしょ?」と考える方もいるでしょう。超音波歯ブラシを使う=時短になると考える方も多いのが現実です。

しかし、超音波歯ブラシを使うからといって歯磨きの時間を短くしてしまうと元も子もありません。

歯磨きには3分以上の時間をかけ、丁寧に磨くことが「予防」や「改善」に繋がることをよく覚えておきましょう。

超音波歯ブラシを購入する際のポイント

ここまで、超音波歯ブラシについて詳しく説明をしてきました。

そんな超音波歯ブラシをいざ購入しようと決めた時、悩んでしまうのが「どの超音波歯ブラシにすれば良いのか」ということでしょう。

例えば、充電方法も選ぶ際の一つのポイントになります。乾電池タイプのものであれば、当分充電は必要ありません。

コードレスタイプの充電式であれば、置く場所を取らないのもポイントになるでしょう。

自身の生活スタイルに合わせた超音波歯ブラシを選ぶことで、日常生活の中で超音波歯ブラシを使って歯磨きをすることが習慣化され、より良い口内環境の改善を見込めるはず。

「購入したけど使わなかった」と言う人の多くは、生活スタイルに合わなかったため習慣化されなかったことがほとんどです。

せっかく購入をしたのであれば、長く使い習慣化できるようになると良いですね。

まとめ

超音波歯ブラシの知識がついたことで、自身の口内環境の改善と向き合うキッカケができたのではないでしょうか?

手動では取り切れない歯の汚れや最近を除去できる超音波歯ブラシの使用を習慣化することで、いつまで経ってもイキイキとした口内環境を望むことができるでしょう。

口腔内の悩み」を抱えている方、また「予防をしたい」と考えている方は是非超音波歯ブラシの使用を考えてみてください。



感想・質問はこちら

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です