歯ぐきの変色は○○のサイン?!

皆さんの歯ぐきはトマトのように赤くなっていませんか?

もしも歯ぐきが赤くなっているとしたら、それはお口の病気を知らせるサインかもしれません。

今回はそんなお口の異常を知らせてくれる歯ぐきについてお話させていただきます。

ぜひ、ご自分の歯ぐきと見比べながら読み進めてみてください。

◆あなたの歯ぐきは何色?『健康な歯ぐき』の特徴

歯ぐきは歯の周りの組織のひとつで、「歯肉」とも呼ばれています。
歯の下には歯槽骨(しそうこつ)という歯を支えている骨がありますが、この骨を保護しているのが歯ぐきです。

健康な歯ぐきには、

  • 薄いピンク色
  • 歯と歯の間の歯ぐきの形がとがった三角形
  • 引き締まっている
  • 腫れや出血がない

といった特徴があります。

一方、不健康な歯ぐきには、

  • 赤や黒
  • 歯と歯の間の歯ぐきが丸みを帯びている
  • ブヨブヨしている
  • 腫れや出血がある

といった特徴があります。

◆赤い歯ぐきは歯肉炎!?もっと重症な可能性も…

歯ぐきが赤いときは、その周囲に炎症が起きている可能性があります。
考えられる原因は「歯肉炎」。
出血や赤い腫れなどの症状を伴うこともあります。

または、より重度の「歯周炎」かもしれません。
歯周炎になると歯槽骨が溶けて歯がグラグラになり放置していると、いずれ歯が抜けてしまうことも…。

気になる症状がある方は、早めの受診をおすすめします。

◆タバコで歯ぐきが黒くなる?!

歯ぐきが黒くなっている方は、もしかしたらタバコが原因かもしれません。

タバコを吸うと、タバコに含まれる有害物質から歯ぐきを守るためにメラニン色素が作られます。

その際、メラニン色素が沈着すると歯ぐきが黒く変色してしまいます。

黒い歯ぐきは見栄えが悪いだけではなく、炎症を見逃しやすくなるので注意が必要です。

さらに、タバコを吸っている方は重度の歯周炎にかかりやすく、歯を失う本数が多いこともわかっています 。

歯が抜けてからでは遅いので、歯ぐきが黒くなっている方は定期検診で病気の早期発見に努めましょう。

歯ぐきの変色はお口の中の病気を知らせるサインでもありますが、赤く腫れたり黒ずんだりしていると、せっかくのサインを見逃してしまうかもしれません。

お口の健康のためにも、気になることがあればいつでもお気軽にご相談ください!

感想・質問はこちら

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です