インビザライン矯正(マウスピース矯正)

金属の装置ではなく、透明なマウスピースを使って行う治療です。

装置の取り外しが可能で、食事や歯磨きも今まで通りにできるため衛生的。また透明のマウスピースを使用するため目立たず、ワイヤーを使った治療のように、粘膜を傷つけることや違和感も少なく済みます。さらに来院回数も減らすことができ、かなり苦痛の少ない矯正治療だと言えます。

ただし取り外し後の入れ忘れが多いと、治療が進みません。また患者さまによっては、この治療法が使えないこともあります。

メリット

  • 装置は取り外し可能なため衛生的
  • 目立たない
  • 痛みが少ない
  • 治療前にシミュレーションできる
  • 食事がしやすい

デメリット

  • 適応できない症例がある

治療のリスクや副作用:歯磨き等のセルフケアを怠ると虫歯や歯周病のリスクが高くなります。装着時間を守らないと計画通りに歯が動かない、治療期間が延びる場合があります。矯正治療が完了した後は後戻りを防ぐために保定装置を装着します。保定装置を正しく使用しないと再度矯正治療が必要になる可能性があります。歯と顎のバランスによってはご自身の歯を削る場合があります(削る量は個人差があります)。まれに歯の根が短くなる可能性があります。装置装着後、痛みを感じることがあります(歯が動く正常な反応なので心配ありません)。歯周病等で歯ぐきが下がっている方は、歯を動かすことでさらに歯ぐきが下がる可能性があります。重なっていた歯がきれいに並んだことで歯ぐきと両隣の歯との間に三角形の隙間ができる可能性があります。

感想・質問はこちら

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です