インビザライン治療とはどのようなものですか?

インビザラインとは?

米国のアライン社のスタッフが、歯科医の指示に基づいて透明に近いマウスピース型の矯正装置(アライナー)をコンピュータを使って作製します。

現在、世界100カ国以上の国々で提供され、これまでに520万人を超える患者様が治療を受けられています。
このビデオをご覧下さると、インビザラインがどういうものかをお分かりいただけると思います。

治療の段階に合わせて新しいマウスピースに交換しながら徐々に歯を動かし、歯並びを矯正します。 こむら小児歯科・矯正歯科ではマウスピースを作るために苦しい歯型を採る必要はもうありません。iteroスキャナーを使い、口の中をスキャンするだけです。

一番のメリットは装着が目立たないこと(透明に近い医療用プラスチック使用)。

治療するかどうか決めかねているが、とりあえず、どんな予想図になるのかを知りたい方には、スキャナーで矯正治療前と治療後の変化をビックデータによるシミュレーションをお見せできます。(3.000円+税)

*他の矯正装置と違ってご自身の手で取り外しができます。

*食事の時には取り外すので、装置に食べ物が詰まる心配がなく、治療中も普段通り食事ができます。

*マウスピース型の矯正装置は金属を使用していません。また段階的に歯を動かしながら歯並びを矯正するので、他の矯正方法に比べて痛みも少ないです。

*唇や口の中の粘膜などを傷つける心配がありません。

*治療期間中に装置が歯から外れてしまうなどのトラブルが少ないです。

*金属ワイヤーを使わないので金属アレルギーをお持ちの方でも治療できます。

感想・質問はこちら

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です