神経を残すむし歯治療について(ドックベストセメント)

従来の保険治療として虫歯が深く進行すると麻酔をして歯の神経を取る事がありますが、実は結果として歯の寿命を縮め、また治療にかかる回数も増えるという欠点を持っています。

ご紹介するアメリカ・ヒューストン発のドックセメント治療は比較的大きな虫歯でもわざと虫歯を少し残して穴を詰め歯の神経を残して治すことが特徴です。

これにより最大限に天然の歯を残し(今風にはエコな治療)本来生体に異物である金属を詰める必要をできるだけ減らしアレルギーの発生頻度を抑えるというメリットも生み出しています。

普通に考えると虫歯を残す事に対して疑問があると思いますが、新しい理論はこの 少し残った虫歯の部分をセメントの持つミネラルイオン(銅、鉄イオン)で殺菌・固化をさせてしまうという考えです。
(なお、この治療はアメリカ・ヒューストン発祥の最新治療ですので自由診療になります。)

感想・質問はこちら

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です