口腔育成(歯列育成)

あまり聞きなれない言葉だと思いますが、口腔育成(こうくういくせい)とはちいさなお子様がたの歯並びを口腔ケアしながら健全な虫歯のない永久歯列を獲得しようというものです。

「よい歯並びは正しい機能が育てる」を念頭におきながら、哺乳期のお子様から乳歯列、永久歯が一部ある混合歯列の時期に介入、さらに家庭での食生活時の的確なアドバイスや歯並び、あご、姿勢に悪影響を与えるクセなどの悪習癖をなおすことにより目標とする歯列の獲得ができればと思います。

子供の健やかな成長には「睡眠」「食事」「運動」が不可欠です。歯はこれらすべてに関係してきます。

本来、歯列(歯の並んでいるところ)は頬と舌の筋肉のニュートラル(中立)な位置に並ぶようになっています。ところが乳児の段階でしっかり母乳で育ったお子様と垂れ流しの人工哺乳(哺乳瓶)で育ったお子様では口のまわりの筋肉(口腔周囲筋)や舌の機能、嚥下が違うため歯列に大きく影響を与えると考えられています。

赤ちゃん 人工哺乳(哺乳瓶)

人工哺乳でも選ぶ哺乳瓶の乳首にNUK(ヌーク)を選択してもらえればある程度正しい哺乳運動、舌の使い方を体得できると思われます。よければNUK社のHPをご覧下さい。

http://www.nuk-japan.jp/

NUK(ヌーク) あかちゃん

大切なのは年齢に応じた適切なサイズを使うことです。



感想・質問はこちら

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です