マイナス1才(生まれる前)から始められる虫歯予防が有るのをご存知ですか?

赤ちゃんは生まれた時は0才

妊娠中の胎児をマイナス1才と呼びます
生まれたての赤ちゃんには虫歯菌はいません!
では どこからやってくるの??

実は・・・

お母さんさんのお口から虫歯菌は感染しています

なので

お母さんのお口を清潔にすることはお子さんの歯を守る事にもつながります
定期定期な健診、クリーニング・またキシリトールなどを使って

大事なお子さんの大切な歯を守る事が出来ます

大切なお子さんには虫歯でつらい思いをしてもらいたくないですよね?

そのためにもできるだけ早い段階から

虫歯予防に取り組んでみませんか?

なぜ虫歯はできるの?

予防を始める前に虫歯のできるメカニズムを知っておきましょう!

なぜ虫歯が虫歯が出来てしまうと思いますか??

?甘いものを食べたから?

?歯磨きをしなかったから?

?歯が弱かったから?

もちろんどれも虫歯の原因の1つです。

その原因の元はお口の中に住んでいるばい菌!!

その中でも代表的なのがミュータンス菌という虫歯菌なのです・・・

ミュータンス菌はお口の中の食べかすなどを栄養源にしています。

それを分解する際に強い酸を出します。

そのに酸によって歯が溶け、虫歯になっていたのです。

唾液などを介して、お母さんやご家族から感染している菌の1つがこのミュータンス菌だったのです。

虫歯予防でできる事

お母さんのミュータンス菌が多ければ多いほどお子さんのミュータンス菌量も多くなり虫歯になるリスクが高いと言われています。

お子さんの虫歯を減らすためには、まずお母さんを含め

周りの大人たちのミュータンス菌を減らす努力が

とても大切なのです。

大人が噛んだものを口移しであげたり、大人が食べ物をかみ砕いて食べさせるのは厳禁!!

しかしあまり神経質になりすぎて、キスや頬ずりなどのスキンシップを控える必要は有りません

お母さんをはじめ、身近な人がしっかりお口のケアをしたうえでスキンシップをしましょう!

赤ちゃんのためにもお口のケアが重要です

虫歯予防も大切ですが、赤ちゃんが元気に生まれてきてくれることが第一

 

口腔内の健康が安産への近道です

妊娠中はお口の環境が変化するため虫歯や歯周病のリスクがグッと高くなります。

妊娠中の喫煙が赤ちゃんに悪影響を及ぼすということはご存知の方も多いと思いますが

歯周病もタバコと同じくらいのリスクがあります!!

自分は歯周病ではないから大丈夫!と思った妊婦さんも油断は禁物

歯周病は痛みもなく進む怖い病気一見お口が健康に見えても実は歯肉炎や歯周病にかかっている事が有ります・・・

早産・低体重児出産のリスクを軽減するためには??

歯周病の妊婦さんが早産や低体重児低体重児出産のリスクを回避するために

その前に

歯周病セルフチェック!!

□歯茎が赤く、血が出る

□歯がぐらぐらする

□朝起きた時、口の中がネバつく感じがある

□歯と歯の間に物が良く詰まる

□口臭が気になる

1つでも心当たりのある方は受診をおススメします。

赤ちゃんが元気に生まれてきてくれるために

妊娠28週までは2~3週間に1回歯医者さんでのプロフェッショナルケア

また出産までの間、毎日の適切な歯磨きとお口悪玉菌を増やさないための洗口剤の使用により 

早産・低体重児出産のリスクを

68%軽減

させることができるというデーターがあります!

感想・質問はこちら

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です