「歯医者は悪いところを直すところ。歯医者は悪くなってから行くところ」ではない。

「悪くなったときに行くのが医者」

確かにそれはある意味で正しいと思います。

ただし歯医者の場合、

原因がわかっている

病気を放置するとどうなるかわかっている

治療とそれを防ぐ方法が確立されている

という病気が相手です。ですから、早期の治療介入が必要になってきます(歯周病では特に)。

症状が悪化してから治療をうけるというのでは、それだけ治療が長期にわたり、それだけ費用がかかり、結局のところ、大変なことになってしまうというわけなのです。

私たちは、

患者さんの状態それぞれに応じたベストの治療を、できる限りご提案させていただくことが大切だと考えています。

とくに初めてのみなさんには、「今回こそがんばって治していきましょう!」と根気よくなんどもお話を続けて、日々診療に取り組んでいます。

感想・質問はこちら

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です