歯みがき・ブラッシング

予防歯科にとってまず基本となるものが、患者様に効率よく日々のブラッシングをしていただくことです。

簡単そうに見えるブラッシングですが、完全に汚れを除去しようとするのは非常に難しく、時間もかなりかかってしまいます。そのため、大多数の方々は非常に多くの磨き残しがあります。また一部、非常によくブラッシングが出来ている方も、過剰なブラッシングによって、歯や歯肉が損傷してしまっていることが多くあります。

よってご自身で歯の健康を維持させるには、以下の3点に留意していただいています。

  1.  一人ひとりに適した歯ブラシや歯間ブラシなどの選択と、正しい使用法。
  2.  歯の健康に即した、食生活などの生活習慣の改善。
  3.  セルフケアとプロフェッショナルケアとの効率的な組み合わせ。

それでは、それぞれ細かく解説していきます。

①歯ブラシの選択と使用法

まず、歯に付着した汚れを効率的に取るには、歯ブラシ以外に「デンタルフロス」や「歯間ブラシ」を1日に一回は使用していただくことです。

デンタルフロスについて

デンタルフロス

デンタルフロスにはホルダーのついているものとついていないものとがあります。
上手に使いこなされる方には直接指に巻きつけるものが、必要に応じて張力を調整できるためお勧めいたします。この中でも清掃効率の高いワックス無しのものと、滑りがよくて歯の間に入れやすいワックス有りのものがあります。

ホルダー付フロス

うまく使いこなせない方々には、ホルダー付のものがあります。量販店などでよく見かける弓状のタイプは、値段が安いですが奥歯へは非常に入れにくく、お勧めできません。Y字状のものが奥歯でもスムーズに入れやすく、お勧めです。

歯間ブラシについて

歯間ブラシ

歯周病が進行してしまい歯と歯の間が大きく開いてしまっている場合や、かぶせ物などが隣の歯に連結されてデンタルフロスが通せない場合は、歯間ブラシが適しています。この歯間ブラシはプラークの除去効率が高い反面、小さすぎるものを使用するとプラークがほとんど除去できず、大きすぎるものを使用するとかえって歯や歯肉を傷めることとなります。このため歯間ブラシは7種類あり、それらの正しい選択が重要になります。

ワンタフトブラシ

ワンタフトブラシ

デンタルフロスや歯間ブラシが難しくて上手に使いこなせない方や、歯の残っている本数が少ない方に、お勧めの歯ブラシです。広い範囲を磨くには適していませんが、細かなところを磨くには非常に使いやすく、どなたでも簡単に使用できるのが特徴です。

さまざまな歯ブラシ

歯ブラシも多くの種類があり、ヘッドの大きさ・毛の本数・毛の硬さ・毛の先端形状などの組み合わせで、選択に困るところです。
しかし、これだけ多くの種類が存在しながら、残念なことに量販店の店頭に並んでいる商品には全く好ましくないものも、多く販売されています。
不適切な歯ブラシの使用は、皆様が貴重な時間を割いてブラッシングされたわりにはプラークが除去できません。

さまざまな歯ブラシ

それどころか歯や歯肉を損傷させてしまいます。
特に毛先が劣化して開いてしまっている歯ブラシは非常にプラークを除去する効率が悪くなるために、早めに交換してください。

当院では、皆様の歯みがきにかけられる努力が無駄にならないよう、患者様に最適な歯ブラシを選択し、豊富なラインナップで販売も行っております。

電動歯ブラシ

電動歯ブラシ

最近、急速に普及している電動歯ブラシですが、大きく分けて2種類あります。

  • 音波ブラシ
  • 回転ブラシ

それぞれ、清掃効率・使いやすさ・歯や歯肉へのやさしさなど特徴が異なり、個人に適したタイプの使用が推奨されます。
ご購入される前に、当院でご相談いただくことをお勧めいたします。

歯磨き剤

プラーク除去効率

以前より歯みがき剤の使用の是非については多くの議論がなされてきましたが、現在では実験結果から歯みがき剤を使用したほうがプラークの除去効率が大幅に向上する結果が得られることがわかり、現在当院では歯みがき剤の使用を推奨しています。

歯磨き剤

また歯磨剤にはさまざまな薬効成分が入っています。特にフッ素成分は歯の表面を強化して、むし歯に対して歯を強くさせる働きがあります。
しかし配合されている研磨剤の粒子によっては、歯や歯肉を損傷させてしまったり、反対にプラークの除去効率が低下してしまったり致しますので、適切な歯磨剤の選択につきましてもご相談いただきたくことを推奨いたします。
当院では、むし歯予防効果の高いもの・知覚過敏用のもの・歯の美白効果のあるもの・子供用のものなど多くの種類を用意しております。

歯の健康を維持していくために必要なブラッシングは前述の通り非常に多くの組み合わせが存在し、お一人ひとり最適な方法は異なります。この簡単そうに見えて、実は難しいブラッシングを効果的に実践していただくには何よりも我流の歯みがきではなく、専門家のアドバイスを是非、受けていただければと思います。

感想・質問はこちら

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です