歯ぐきって縮むんです!

60代の男性が「右下の奥歯がしみる」ということでお見えになりました。
よく見ると上の写真のように、歯のアタマと歯ぐきとのあいだが、こげ茶色になってます。

この部分は本来、歯ぐきにおおわれていて、見えてくることはありません。
ただここが見えてくると、冷たいものがシミるようになり、場合によっては、歯みがきの際にも痛いので、磨くのがおっくうになります。

いわゆる「知覚過敏」という症状です。

さらに困ったことに、このこげ茶色の部分は歯の質が弱く、虫歯になりやすいのです。

歯みがき粉を工夫したりすると症状は治まることもありますが、もとはと言えば、歯をおおっていた歯ぐきが、長年にわたって縮んできたことから起きた症状なので、縮んだ歯ぐきを移植手術により回復することが、永続性のある的確で確実な治療法です。

ただここまで歯ぐきが縮んでしまったこの方の場合、移植手術は困難なため、レジンという樹脂を接着することで症状は治まりました。

しかしそれはあくまでも対症療法で、本来であれば、初期の段階で、歯ぐきをもとに戻すことを目指すべきでしょう。

私どもでは、ここまで歯ぐきが縮まないうちに、なんとか本来の姿を回復し、それを維持できたら・・・
と思いながら、日々診療に取り組んでおります。

みなさんも、歯が以前より少し長くなった?
なんて思ったら、「歯医者さんに相談だ!」。

感想・質問はこちら

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です