テレスコープ義歯は保険の入れ歯とどうちがうのか・・

健康保険適用の入れ歯のもっとも大きな欠点はあごの骨に対してほぼ垂直に生えている歯にばねをかけ、歯を水平方向に揺さぶり少しずつ歯を引き抜く方向へ向むかわせてしまうということです。

さらに最も大切な上下のかみ合う歯の咬む面をばねが横断し、しっかりとしたかみ合わせをつくるのを邪魔してしまいさらに審美性をも損なうということです。

インプラントに不安を感じる方

またインプラント治療に不安を感じる方・インプラントが怖い方、将来自分が要介護状態となった場合、インプラントだとお手入れ方法に不安を残す可能性もあります。そのような方たちに向いている義歯治療のひとつとして、テレスコープ義歯システムがあります。

テレスコープ義歯とは、わかりやすくいうととりはずしのできるブリッジのような入れ歯で維持装置がばねではなく茶筒の原理を応用した二重冠(内・外冠といいます)の入れ歯です。

テレスコープ義歯システム

入れ歯先進国ドイツで120年以上歴史のあるテレスコープ義歯システムは、さまざまな欠損状態の歯や歯ぐきの状態に対し下記の数種類のテレスコープで対応しています。コーヌスクローネ、レジリエンツテレスコープ、リーゲルテレスコープ、アンカーバンド、CSP(シリンダーテレスコープ)などなど。

本来は症例によって使い分けをしていくのが正しいテレスコープ義歯システムです。しかしながら、日本では全ての症例をコーヌステレスコープだけで行なうということが行われるているのも事実です。一種類のみのテレスコープですべての症例をカバーするのはかなり無理があります。

わたしはドイツでも実際に治療を行っていた元日本歯科大学教授稲葉 繁先生指導のもと多くの症例を見学させていただき講義・実習を受け、症例ごとに治療方法を相談検討し当院でたくさんの患者さんの治療を行ってきました。

「いまの入れ歯では上手く咬めない」「合う入れ歯をつくりたい」「インプラントは嫌だけどばねの入れ歯も嫌だ」・・といったお悩みをお持ちの方、初期費用はかかりますが当院のテレスコープ義歯システムを検討されてはいかがでしょうか。

感想・質問はこちら

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です