お子さまの矯正治療

歯並びが悪くなってしまう一番大きな原因は、あごのサイズと歯の数や大きさのアンバランスにあります。床矯正装置や固定式拡大装置など、お子さまに合った矯正装置を使用することをおすすめします。あごの骨や骨格が成長段階にあるお子さんの場合、成長が終わった成人に比べて、矯正治療がスムーズにいくケースが多いと言えます。

メリット

  • 小学生以上のお子さまから治療が可能です。
  • 矯正中でも装置の取り外しが可能なので、お口の中を清掃しやすく清潔に保てます。
  • お子さまの正しい成長を促すためにお子さまの顎(あご)の正常な成長を促します。

デメリット

  • お子さまが矯正装置を、毎日きちんと使えるかどうかが重要です。装置を使わなかったり、装着時間が短いと、思うような結果が得られませんのでご注意ください。
  • 永久歯にすべて生えかわった後に、状況によっては全体の矯正をする必要がでてくることがあります。

感想・質問はこちら

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です