子どもはいつから歯医者に通えばいいの?

子どもは何歳から歯医者に通わせたらいいんですか?」といったご質問を親御さんからよくいただきます。
「乳歯が生えてくる時期」と「永久歯に生え替わる時期」にお子さんを通院させることをおすすめしています。

通院を始める時期について

小さなお子さんが歯医者に通い始める時期は「乳歯の生え始め」と「永久歯への生え替わり」というのが最適だと考えています。

1歳半~3歳 乳歯が生えてくるタイミング

生後1歳半までは親御さんが手伝いながら歯みがきを行う、家庭でのケアが中心になります。それ以降は乳歯が少しずつ生えてくるため、家庭と歯科医院の両方でケアしていくのが安心です。というのも乳歯は永久歯に比べ歯質が弱く、むし歯で歯が溶けると神経まで及びやすくなります。お子さんが痛い思いをしないためにも乳歯が生え始めたら定期健診を受けることをおすすめします。

親御さんの中には「永久歯に生え替わるから乳歯がむし歯になっても平気なのでは?」という方がいらっしゃいます。しかし、乳歯の頃からむし歯があると永久歯に生え替わってからも口内がむし歯になりやすいものです。それは、正しい歯みがきができていなかったり、甘い物をよく食べる食習慣などが影響したりして、お口の中がむし歯になりやすい環境になっているから。乳歯のうちからむし歯ケアをしてあげることが、お子さんのお口の健康にとっては大切です。

6歳~12歳 生え替わりのタイミング

乳歯から永久歯への生え替わりは6歳頃から始まり、12歳になる頃にはすべてが永久歯となります。乳歯が抜けると隙間が出きて、歯並びが乱れたり咬み合わせが悪くなったりするので、歯科医院で定期的に健診を受けましょう。
歯並びが乱れると歯みがきで汚れを落としきることが難しくなり、むし歯になるリスクが高まります。日頃から親御さんがお子さんの歯の状態を見てあげて、気になる点がありましたらお気軽にご相談ください。

感想・質問はこちら

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です