お子様のお口の健康で大切なこと

大切なお子さまの歯を守るには小さいうちのケアが重要です。

虫歯治療

お子様がむし歯で歯が痛くて夜寝れず、翌日母子共に眼の下にくまを作って来院される事があります。

そのむし歯は昨日急にできたものではありません!

気付かないうちに大きくなったか、痛んでいないから良いかと放置されてしまったのです。

また、そのような時の治療は、麻酔を使用しなければならなかったり、神経を取らなければならなかったりと、時にはお子様が泣き叫びながらでも治療を行わなければならない場合もあります。そんな姿を見る度に私たちは心が痛みます。きっとお母様方もそうでしょう。

子供に限らず大人もむし歯の進行の仕方は同じですが、乳歯は永久歯と違い、エナメル質が柔らかく薄いためにむし歯が一度できると進行がとても早いのが特徴です。

表面のエナメル質には黒い点にしか見えなくても、中の象牙質にはむし歯がかなり進行していて、象牙質の支えを失ったエナメル質が最後に割れて急に大きな穴が開いたように感じます。

また、この頃になると痛みや違和感が出てきますが、むし歯になり始めてからはかなり時間が経過しているのです。

唾液のペーハー

通常、唾液のペーハーは中性ですが、飲食開始間もなく酸性になり脱灰(歯が溶け始めること)が起こり、唾液中に歯のミネラルが放出します。ダラダラ食べを続けていると歯が溶けっぱなしの状態になる訳です。

食後約40分かけて溶け出たミネラルが歯に戻って行きます。このときにフッ素を取り込ませることで歯が丈夫になることが分かっています。

感想・質問はこちら

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です