親知らずを抜歯した方が良い理由

親知らずを抜歯しなくてはならない理由を挙げます。

1.歯肉が腫れる

親知らず周囲の歯肉が細菌感染し、腫れてきます。

放置しておくと顎の骨まで感染が進行するおそれがあります。

2.プラークが溜まる

歯並びが不正な親知らずは、きちんとしたブラッシングを行うことは不可能で、プラークが多く残ってしまいます。

様々な感染や口臭の原因にもなります。

3.親知らずがむし歯

手入れが不十分になってしまうため、親知らずがむし歯になってしまいます。

器具も届かないのでむし歯の治療は出来ませんし、進行すると重篤な痛みが生じます。

4.手前の歯がむし歯

親知らずと手前の歯との境目は、非常に物が詰まりやすくなります。

このような接し方をしている場合、手前の歯のほうが歯根面に当たるためとてもむし歯になりやすいです。

しかもこのような深い位置のむし歯は予後が悪くなります。

5.歯周病

親知らずは清掃不良により、歯肉が感染します。

その感染が周囲に広がって特に手前の歯の歯周病を引き起こします。

6.歯ぐきを咬む

よく上の親知らずが原因で起こりますが、上の親知らずで下の歯ぐきを咬んで傷つけてしまいます。

7.咬み合う歯が傷む

親知らずはまっすぐ生えずに傾いていることが大半です。

そのため、この親知らずと咬み合う相手の歯は常に、横殴りのストレスを受けることとなりダメージを受けます。

8.歯並びが悪くなる

手前の歯に邪魔されて生えることの出来ない親知らずは、手前の歯を押す場合があります。

そのことによって歯並び全体に悪影響を及ぼすこともあります。

このように親知らずの抜歯を行うか否かは上記に記載された抜歯処置のリスクと、親知らずを残しておくことによるデメリットを天秤にかけて決定することが賢明な判断だと思われます。

感想・質問はこちら

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です