インプラントについて

インプラント治療とはチタンという金属と骨とが結合する性質を利用しています。

失ってしまった歯の部分に人工の歯根(インプラント)を入れる治療法です。

チタンが骨と結合する事により、自分の歯と同じように咬む事が可能となります。

1965年にスウェーデンのブローネンマルク教授によって初めて人間に応用されましたが今では歯を失ってしまった場合のスタンダードな治療法になっています。

1本の歯の欠損から複数歯の欠損まで幅広い応用が可能で、インプラントの上に人工の被せ物をして自分の歯のように見せる方法や、インプラントの上に入れ歯を乗せて外れ易さや義歯による痛みを軽減する方法などがあります。

骨の中に人工物を入れる治療法ですから、どのようなインプラント治療でも手術が必要です。

全身状態や骨の状態が悪い場合や歯ぎしりが非常に強い場合は、非適応症となりますが、当院で治療不可能と診断された場合でも、専門の医療機関をご紹介する事もいたします。

一度骨と結合したインプラントの成功率は90%以上と高いですが、日頃のブラッシングや歯科医院での定期的なメインテナンスをおこなわないとロスト(喪失)する危険が増します。

そのような事も起こりますので、必ず術後のメインテナンスが必要で、過度の期待は禁物です。

手術を何回必要とするかにより、1回法又は2回法とに分かれ、骨の量が無い場合や歯肉の形態が悪い場合にはインプラント手術前に骨造成手術や歯肉形成手術が必要となることもあります。

感想・質問はこちら

メールアドレスが公開されることはありません。