インプラントは骨にしっかりと固定されるので自分の歯のような感覚!

インプラント治療へのご招待

歯が抜けた場合の従来の治療法には、両隣りの歯を削って土台とする「ブリッジ」、または金具で固定する「部分入れ歯」などがあります。すべての歯が無くなった場合は「総入れ歯」になります。

しかし、このような治療法は土台となる歯に負担がかかったり、入れ歯に違和感を感じたり、入れ歯が動いたりする場合があります。特に「部分入れ歯」や「総入れ歯」では、自分の歯と比べて咬む力が大幅に落ちるだけでなく、異物感が強いために受け入れられず、せっかく作った義歯を使っていない人が多いのが現実です。また、部分入れ歯ではクラスプと呼ばれるバネが見えるのを嫌って、人前で大きく口を開けて笑えないといった問題もあります。

こうした問題を解決するのがインプラントです。インプラントは骨にしっかりと固定されるので、自分の歯に近い感覚で物をかんだり、話したりできます。また、残っている歯にかかる負担がもっとも少ない治療法です。審美的な観点から見ても、自分の歯とほとんど変わらないようにする事も可能です。

インプラントは、あごの骨の中に人工の歯根(インプラントフィクスチャー)を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける方法です。

人工歯はインプラントという自分の根っこで支えられるので、他の歯に負担を求める従来の方法とは根本的に違います。根っこのある歯が増えることになるので他の歯の負担が軽くなり、残った歯の寿命も長くなります。もちろん、となりの健全な歯を削る必要もありません。

根っこごと元のようになるので違和感も少なく、審美的にも良く、何でも自分の歯のように咬めます。欠点としては、インプラント埋入手術などの手術が必要なこと、治療期間が長いこと、保険がきかないので費用が高額になることなどが挙げられます。

感想・質問はこちら

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です