大人の虫歯は痛みが出にくい

実は、大人の虫歯は痛みが出にくいままに進行することをご存知でしょうか?
子供の虫歯と大人の虫歯では、でき方が違います。子供の虫歯は痛みが出やすかったり、急に穴があいて歯医者にいくことに。しかし、子供の虫歯は学校での歯ブラシ指導のおかげで、どんどん減っています。一方、大人の虫歯は、痛みが出にくく、自覚症状がないまま進行するため、治療が遅れがちになります。

歯と歯ぐきの境目が要注意

大人の虫歯ができやすい場所は、歯と歯ぐきの境目です。というのは、歯周病や加齢によって、歯ぐきの位置が下がってくるためです。歯は本来は、硬いエナメル質で覆われていますが、歯ぐきが下がってくるとやわらかいセメント質や象牙質と言う部分が露出してきます。これらは酸に対する抵抗性も弱いので、虫歯になり安いのです。

また、子供のころ治療した歯から虫歯ができることもあります。歯と詰め物のわずかのすき間から虫歯ができたり、虫歯の悪いところが取りきれておらず、虫歯が再発したりということもあります。

少しでも異変を感じたら、ひどくなる前に歯医者さんで診てもらってください。

感想・質問はこちら

メールアドレスが公開されることはありません。