人工歯根の費用はいくらですか?健康保険は使えますか?支払い方法は?

新聞報道やテレビのニュース解説などで先刻ご承知のこととは思いますが、歯科治療では健康保険が使えないケースが頻繁にあります。大切な注意点についてわかりやすく説明させていただきます。

社会保険や国民保険などの健康保険は虫歯や歯周病を対象として昭和30~40年代に承認された旧式の治療法のみ適応されます。しかし虫歯や歯周病の治療であっても巨額の赤字財政に苦しむ日本政府の社会保障費・医療費削減策によって、現在では多くの制限が加えられていますので、利用者様のご希望通りの適応や治療の仕上がりができない場合もございます。また歯科医療費の抑制方針により、地域の平均を上回る多額の請求を健康保険で行うことは不適切な請求とみなされ行政処分の対象となる場合があります。なお当局により歯科医療機関自身に自主規制が求められておりますので一度に多数の治療箇所を健康保険を使ってご希望される方は歯科治療が可能かどうか治療に入る前に必ず担当者にご相談ください。

歯科IMPLANT埋入手術およびIMPLANT治療と一連と見なされる骨造成手術やフィクスチャー周囲の軟組織の手術は健康保険が適用されません。自由診療となり、その費用は全額自己負担となります。

 歯科人工歯根などの自由診療(保険外診療)には厚生労働省より薬事法に基づいて認可されている方法や器材であれば、全く行政的または法的な制限や規制はありません。2000年以降に開発された最新の薬剤や治療方法を自由に何度でも好きなだけ適用することができます。ご利用者さまのご希望に対し、最大限お応えすることが可能です。自由診療ではクライアント様にご満足いただけることが治療のゴールです。

感想・質問はこちら

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です