入れ歯とインプラントの比較

歯を失った場合にブリッジで対応できない場合は、一般的には、入れ歯を選びます。

入れ歯はブリッジのように健康な歯を削ることはありません。インプラントを埋める手術も必要ないので、どんな人でも手軽に治療が受けられます。入れ歯は、治療が簡単で、短期間で噛む機能を回復することができますし、保険が適用される治療なので、治療費が安いというメリットもあります。

このように、簡単に作ろうと思えばできてしまうものなので、合わない入れ歯に悩んでいる方もたくさんいらっしゃるのが現実です。入れ歯には、「部分入れ歯」と「総入れ歯」があります。

●部分入れ歯は、左のイラストのように、健康な歯に止め金(クラスプと言います)をかけて固定する入れ歯です。クラスプをかけた歯には力がかかって負担となり、健康な歯を「むし歯」や「歯周病」にしてしまうリスクが高くなります。大きく口を開けると、クラスプや金属部分が見えてしまうし、取り外して洗うのが大変という理由で、敬遠される方も少なくありません。また、硬いものを強く噛むことができず、あごの骨が痩せてしまい、歯並びが悪くなることもあります。

●総入れ歯には、左のイラストのように止め金(クラスプ)はありません。歯ぐきや粘膜の上にのせて密着させて使用します。そのため、入れ歯が合わないと不安定で、外れたり、うまく噛めなかったり、痛くなったりとトラブルが出る場合が少なくありません。部分入れ歯にしても、総入れ歯のしても、においがつきやすく、口臭の原因となることも多いのでその手入れが必要となります。


上のイラストをご覧いただければお分かりになると思いますが、インプラントは、人工歯根をあごの骨に埋め込んで歯を立てる治療法ですので、他の健康な歯を犠牲にすることなく、審美的にも問題がなく、よく噛めて、歯ごたえをリアルに感じることができます。部分入れ歯・総入れ歯の欠点をカバーできる治療法と言えるでしょう。

●組み合わせることで、もっと良い治療になることもある

私は、歯科治療に境界線はないと考えております。インプラント、入れ歯、ブリッジのどれかを選択するのではなく、それぞれの長所を生かして組み合わせることで、より多様な症例に対応でき、患者さんの負担も軽くなるのです。治療法を「選択する」という思考から、「複合させる」という発想へ・・・。発想を変えることで、より快適な口腔環境を手に入れられる場合もあるのです。

感想・質問はこちら

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です