ブリッジとインプラントの比較

歯が1~2本抜けてしまったとき、最初の選択肢にあげられるのはブリッジです。ブリッジとは、左上のイラストの様に失った歯の両隣の歯を削り、そこに橋を渡すように人工歯をかぶせる治療法です。保険適用のブリッジであれば価格も安く、早く入り、入れ歯のような取り外しのわずらわしさはありません。その手軽さから、ブリッジを選択する人は少なくありません。ブリッジには、次のような長所があります。

●見た目がよく、装着後の違和感が少ない

●咀嚼効率(ものをかみ砕く能力)がそこそこ高い(天然歯の60%)

●保険適用の場合は安い

しかし、土台となる健康な歯を削ってしまう治療であるため、土台となる歯の寿命は短くなってしまいます。また、土台となる歯に、橋渡しした歯の分の噛む力も加わりますから負担が大きくなります。余計な力がかかることで、かぶせた歯にゆるみが生じるとそこから細菌が入り、むし歯になる危険が高くなります。

つまるところ、ブリッジは、残された健康な歯を失ってしまう可能性の高い治療なのです。一方、インプラント治療は健康な歯を削る必要はなく、しかも一本の歯として機能するので周囲の歯に負担をかけることはありません。

感想・質問はこちら

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です